雑談

ブログ、終了のお知らせ

投稿日:

みなさんこんばんは。チェルシーサポ兼ガンバ大阪サポの私です。今まで多くの方に「ふぁんたろうの徒然草」https://fantarou-bluuues.hateblo.jp/に訪れていただきましてとても感謝しています。

残念ながら「ふぁんたろうの徒然草」は終了です。厳密にはあと数度投稿があるかもしれませんが、収録は以上です。

終わりです、終わりなんです。

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ふぁんたろうの徒然草」は終わりますがまた新しいブログが始まります。

MCはふぁんたろう。また書くことも同じです。

 

え―リニューアルします。

いつ終わるかわからないということで毎回毎回魂を込めてブログを更新させていただきます。

というわけで本日より「ふぁんたろうの徒然日記」のスタートです。よろしくお願いいたします。

それではまた。







-雑談

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ベルギー、露骨な課題の裏にある真の問題

このこと自体も問題なのだが、真の問題はここまで多くの犠牲を払っているにもかかわらず、それに見合う対価を得られていない点である。

今のチェルシーに欲しい5選手。プレミア編

今回は愚痴ブログです。来たらいいなあというプレミアの選手を勝手に集めてみました。もちろん市場が閉まっているので来ないんですが。
でも妄想を語るくらい許してほしいなあ

ご新規さん必見のプレミア元ネタWikip〇dia

13-14シーズン第31節、チェルシーvsアーセナル(6-0)のこと。ペナルティエリア内でハンドしたアレックス・オックスレイド・チェンバレンと間違えてアンドレ・マリナー主審がキーラン・ギブスを退場させたことから。
何か誤審があると引き合いに出され、「あれよりはマシ」と言われる。

プレミアリーグの愉快な主審たち

彼の主審らしさを剥奪しているのはその腹回りである。審判もアスリート、と言われることが多々あるが、これで務まるアスリートなど「イングランドプレミアリーグ主審」という競技だけだろう。

アルゼンチンとメッシから学ぶ「エース依存」の本質

会社の利益のほとんどを支える事業メッシに胡坐をかいて、他事業の育成を怠った、さらに事業メッシで得た技術や経験もまともに使おうとしなかったつけが回ってきています。