comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「サポーター」とは。世界で一番愚かな生き物について

自分のチームが最高だと言える。
それが唯一の資格だろう

チェルシーから日本代表を探る。3バックは最適布陣か

勝利の可能性が低い(あるいはハリル解任でさらに低くなった)うえ、忖度ジャパンと言われ応援する気持ちが損なわれようと、政治性を度外視してフォーメーションを考えるくらいの楽しみはサッカーファンにあってしかるべきだろう。

「伝説」の一夜。11-12シーズンCL決勝を振り返る 【チェルシー観戦記】

確かなシュート技術。大一番で魅せるメンタル。数多の激闘の経験。右足で放たれた丁寧なキックが、ノイアーの逆をついた。

no image

日本で海外サッカーを見る時に気を付ける10のこと【チェルシー観戦記】

一番危険なのが「スタメンを確認して寝る」で、原則試合の1時間前に発表されるスタメンを見てから寝るという妥協策がありますが、スタメン見てワクワクの心を静めるのは至難の業。気づけばキックオフ30分前になり、「もう寝るのやめた」となること間違いなしです

ようやく大一番をモノにする。気持ちで優ったウノゼロ。【チェルシー観戦記】

右WBモーゼスのクロスに完全に余った左WBアロンソがシュートを放つシーンに象徴されるように、チェルシーが入念に3トップ潰しを敢行したのと対照的に、リバプールには3-4-3の対策を練る時間がなかったのではないか。