ウイイレアプリ

ウイイレ2019の数値と現実のプレーを独断と偏見で比べてみた 【オリビエ・ジルー編】

投稿日:2019年1月3日 更新日:

※本ブログは2018年12月19日にはてなブログに投稿されたものです

こんにちは。気づけば年末。皆さんは何をしていますか?

私はぬくぬくと家でゲームをしています。(働こう

さて今回はそんなゲームの中でも有名なウイニングイレブンについてです。つい先日スマホ版アプリ「ウイイレ2018」が大型アップデートを行い「ウイイレ2019」へと生まれ変わりました。

実際3日で終わるはずがなんやかんやで4日ぐらいかかって不平不満の嵐になったのも事実ですが今はそれなりに正常に稼働し皆さん楽しんでいると思われます。

そこで今回はウイイレ2019のゲーム上での数値と実際の選手の姿を私の独断と偏見で比較してみます。とはいえまともに全試合を見ているのがチェルシーしかないためそこからのピックアップです。

栄えある第1回はオリビエ・ジルー選手です。

f:id:fantarou_bluuues:20181219202512p:image

「イケメン」が能力にあれば間違いなく100

ウイイレ2019数値

※数値はレベル30

・オフェンスセンス   86

・ボールコントロール  85

・ドリブル       75

・グラウンダーパス   80

・フライパス      69

・決定力        85

・プレースキック    67

・カーブ        75

・ヘディング      93

・ディフェンスセンス  52

・ボール奪取      50

・キック力       87

・スピード       67

・瞬発力        65

・ボディコントロール  67

・フィジカルコンタクト 92

・ジャンプ       85

・GKセンス        40

・キャッチング                  40

・クリアリング     40

・コラプシング     40

・ディフレクティング  40

・スタミナ       79

・逆足頻度       2

・逆足精度       2

・コンディション安定度 4

・ケガ耐性       2

・総合値        84

スキル:ヘッダー、アクロバティックシュート、ヒールトリック、ワンタッチパス、PKキッカー、スーパーサブ

プレースタイル:ボックスストライカー

評価

強い(確信)。さすがは世界最強クラスのポストプレイヤーといったところですね。

数多のDFを抑え込んできたヘディング、フィジカルコンタクトはゲーム内でも90オーバー。しっかり反映されていて対戦相手を震え上がらせていることでしょう。スキルの「ワンタッチパス」はいわゆる「落とし」のことを指しているものと思われます。

同じくスキルのアクロバティックシュートも文句なしでしょう。プスカシュ賞を受賞したアーセナル時代のスコーピオンショットをはじめ、とんでもない体勢からとんでもないシュートを決めてきました。

また嬉しいのは意外とオフェンスセンス、ボールコントロールの数値が高いこと。そのプレースタイルに似合わず(?)繊細な足技もジルーの大きな武器。昨季チェルシーはFA杯を制しましたが、準決勝で巧みなステップから決めたゴールは彼の高い技術の賜物。それがゲームでもしっかり反映されているのは良きですね。

また献身的に前から守備をしてくれるので「スタミナ」がそこそこの数値なのも納得です。

不満があるとすれば67のスピードですね。ジルーはどちらかというと「ドリブルが遅い」のであってヨーイドンはそこまで遅いわけではありません(早くもないですが)。70ちょいくらいはあっても良かったのでは。

それから「プレースキック」の67。1週間前の私なら妥当と判断していたでしょうがELでの超絶FKを見てしまったのでこれは明らかな過小評価と言わざるを得ません。でもこんなの持ってるなんて普通知らなかったよね・・・。

れから「決定力」85は過大評価ですね(言ってはいけない)。ジルーは難しいシュートの方があっさり決めるタイプですが決定力は並ってところですね。

あとPKキッカーってなんですか。蹴ってるのほとんど見たことないんですが。アザールが蹴っちゃうもんね。

【追記】ジルーを愛してやまない方よりご指摘が来ましたので訂正させていただきます。

最後に

というわけで今回はジルーのウイイレ上の数値と現実のプレーを比較してみました。割と過大評価もあるなあというのが正直な感想ですかね。でもプレースキック・・・

どういう方法で選手数値を算定しているのかわかりませんが、もちろん製作者側もしっかりと分析して出した数値なのは間違いなく、これは単なるファンとしての感想なので悪しからず。

皆さんもぜひジルーにむちゃくちゃなボールを上げてボレーを決めてもらいましょう。

このシリーズ次回あるのかな?

それではまた。

~おしまい~







-ウイイレアプリ

執筆者:


  1. […] このシリーズの第1~4弾までは以下から どうぞ。オリビエ・ジルー編 アントニオ・リュディガー編 ダビド・ルイス編 ケパ・アリサバラガ編 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウイイレ2019の数値と現実のプレーを独断と偏見で比べてみた【ペドロ・ロドリゲス編】

何よりも際立つのが高い「逆足頻度」と「逆足精度」でしょう。現実では両利きと称されることも少なくない彼の特徴をしっかりとらえた数値になっていると思います。

ウイイレ2019の数値と現実のプレーを独断と偏見で比べてみた 【ケパ・アリサバラガ編】

GKにしては非常に珍しいタイプですが、この点に関しては恐らく最もフィールドプレーヤーに近いGKであるエデルソン以上でしょう。したがって「逆足頻度」「逆足精度」共に最低でも3は欲しいところです。

ウイイレ2019の数値と現実のプレーを独断と偏見で比べてみた【ダビド・ルイス編】

そしてW杯でも沈めた「無回転シュート」をはじめ、強敵マンチェスターシティを破った「ヘッダー」などシュート系スキルがここまで充実しているCBは現実でもゲームでも稀と言っていいでしょう。

ウイイレ2019の数値と現実のプレーを独断と偏見で比べてみた 【ギャリー・ケイヒル編】

過小評価なのは「ケガ耐性」ですかね。別にケガに強いわけではないのですが、ケガをしても出てくるタイプの選手です。そこに免じて3くらいはあげても良いのではないでしょうか。

ウイイレ2019の数値と現実のプレーを独断と偏見で比べてみた【アントニオ・リュディガー編】

特にスピードは明らかな過小評価でしょう。80はCBとしては高評価ですが現実ではもっと圧巻の速さを誇っています