comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いざ”地獄”へ。チェルシー、2月の過密日程プレビュー

悪くないすべり出しとなった2月ですが、今後はかなりハードな日程が組まれています。そこで今日はそれを見ながら強豪との連戦、残ってしまったカップ戦、遠すぎるELとプレミアの闇を皆さんで確認しましょう

取り戻した輝き。前を向くロス・バークリー

決してこれまでの短所が劇的に改善されたわけではないし、長所がさらに爆発的に伸びたわけではない。
短所をカバーできる仲間と、もともとの長所が特大だったという解釈でよいのではないか。

再開したブンデスリーガが示唆するサッカー界の未来

それはここまで歯を食いしばる世界中の娯楽産業に勇気を与えるゴールであった。そしてエンターテイメントという文明が、未知のウイルスに向けて放つ反撃の一撃目でもあるのだ。

プレミアリーグの愉快な主審たち

彼の主審らしさを剥奪しているのはその腹回りである。審判もアスリート、と言われることが多々あるが、これで務まるアスリートなど「イングランドプレミアリーグ主審」という競技だけだろう。

ウイイレ2019の数値と現実のプレーを独断と偏見で比べてみた【アントニオ・リュディガー編】

特にスピードは明らかな過小評価でしょう。80はCBとしては高評価ですが現実ではもっと圧巻の速さを誇っています