comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

逆襲のヒーロー。CL第3節 チェルシーvsアヤックス採点

“ジョーカー”として活躍するバットマン。ドイツで結んだキャプテン・アメリカとの連携がブルーズを歓喜へ導く

悪魔のごとき幻想。自分たちのサッカーは本当に通用していたのか

2010年から繰り返される日本サッカーの歴史は今回のドタバタに象徴される方針転換の歴史と言ってもいい。だがそれを極限までポジティブに捉えるならば、短期間で多くのサッカーに触れたとも解釈できる。

到着の挨拶と離別の一撃?FA杯4回戦感想&採点

上手い、上手い、最初潰された以外は何もかも上手いコバチッチ。唯一イグアインを感じられた選手で、マドリー、ミラノ、ロンドンとキャリアもプレーも首都ホットラインを早くも形成。(お互いレンタルだし)
まあ改善点は明白でシュートの質なんだけど、むしろなんであんなに下手なのかが不思議。

再起をかける二人のMF。開幕したマルコ・ファンヒンケルとダニー・ドリンクウォーターのシーズン

お互い紙の上でスカッドに入っただけで、はっきり言って今後使われる見込みはかなり薄いでしょう。まあしかしそれでも 試合に出る可能性は明らかに上がったのですから前進であることに間違いはないでしょう

西野朗は稀代の名将か、それとも愚かなギャンブラーか

ただし今大会のPKの多さやATの長さ及びそこで多くの得点が生まれていること、前者二つにより大会自体の得点数が多いことを考えると、この二者択一の差はわずかだったと言わざるを得ない。