comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

19-20シーズン、チェルシー全選手採点

今日はそんな19-20シーズンの全選手の採点にして祭典です!

消えた「再現性」と気迫。第23節ビッグロンドンダービーで見えた弱点

こんにちは。今日はプレミア最大のダービーの採点です。4位争い直接対決、2節のリベンジマッチ、ペトル・チェフの引退、イグアインの噂など様々な状況が渦巻く中行われた一戦です。 結論から言うとアーセナルが2 …

ウイイレ2019の数値と現実のプレーを独断と偏見で比べてみた 【オリビエ・ジルー編】

それから「プレースキック」の67。1週間前の私なら妥当と判断していたでしょうがELでの超絶FKを見てしまったのでこれは明らかな過小評価と言わざるを得ません。でもこんなの持ってるなんて普通知らなかったよね・・・

ウイイレ2019の数値と現実のプレーを独断と偏見で比べてみた【ペドロ・ロドリゲス編】

何よりも際立つのが高い「逆足頻度」と「逆足精度」でしょう。現実では両利きと称されることも少なくない彼の特徴をしっかりとらえた数値になっていると思います。

ターニングポイントなんて結果論に過ぎないのだよ 〜中編〜【チェルシー観戦記】

今季のリーグ戦も終わって振り返るとやはり一番大きかったのは1月3日、第22節のビッグロンドンダービーだったと個人的に思う。