comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ご新規さん必見のプレミア元ネタWikip〇dia

13-14シーズン第31節、チェルシーvsアーセナル(6-0)のこと。ペナルティエリア内でハンドしたアレックス・オックスレイド・チェンバレンと間違えてアンドレ・マリナー主審がキーラン・ギブスを退場させたことから。
何か誤審があると引き合いに出され、「あれよりはマシ」と言われる。

ウイイレ2019の数値と現実のプレーを独断と偏見で比べてみた 【ギャリー・ケイヒル編】

過小評価なのは「ケガ耐性」ですかね。別にケガに強いわけではないのですが、ケガをしても出てくるタイプの選手です。そこに免じて3くらいはあげても良いのではないでしょうか。

no image

日本で海外サッカーを見る時に気を付ける10のこと【チェルシー観戦記】

一番危険なのが「スタメンを確認して寝る」で、原則試合の1時間前に発表されるスタメンを見てから寝るという妥協策がありますが、スタメン見てワクワクの心を静めるのは至難の業。気づけばキックオフ30分前になり、「もう寝るのやめた」となること間違いなしです

アルゼンチンとメッシから学ぶ「エース依存」の本質

会社の利益のほとんどを支える事業メッシに胡坐をかいて、他事業の育成を怠った、さらに事業メッシで得た技術や経験もまともに使おうとしなかったつけが回ってきています。

ウイイレ2019の数値と現実のプレーを独断と偏見で比べてみた【ペドロ・ロドリゲス編】

何よりも際立つのが高い「逆足頻度」と「逆足精度」でしょう。現実では両利きと称されることも少なくない彼の特徴をしっかりとらえた数値になっていると思います。