移籍の話 雑談

今のチェルシーに欲しい5選手。プレミア編

投稿日:

こんにちは。本日は見ての通りただの愚痴です。

先日移籍市場が閉まり、我らがチェルシーの陣容も固まりました。

ええ、まさかセスク・ファブレガスの後釜が取れないとは思ってもみなかったのであります。チェルシーの今冬の移籍に関しては期待も大きく、来夏補強禁止の噂もあったので派手な動きになると思われていました。

 


 

 

現場からは以上です。

アルバロ・モラタ、セスク・ファブレガスと限りなく1軍に近い控えを放出してやってきたのはゴンサロ・イグアインのみ。足し算と引き算は小学1年生で習うはずですけど・・・。ひょっとしてマイナスは数えられないのかうちのフロントは!<`ヘ´>

補強どころかマイナスになる衝撃の展開。おまけに直近のボーンマス戦では格下相手に0-4でまさかの大敗。今後EL、FA杯、リーグ杯決勝と試合が立て込む中、逆に選手層がどんどん薄くなっていくのはなぜなのでしょうか。ここまで長期離脱者が出てないのは不幸中の幸い、メディカルに感謝ですが、それでも回せない現状です。

というわけで今回は愚痴ブログです。来たらいいなあというプレミアの選手を勝手に集めてみました。もちろん市場が閉まっているので来ないんですが。
でも妄想を語るくらい許してほしいなあ。

是非とも来ていただきたいプレミアの選手たち

①ルベン・ネヴェス

「ruben neves」の画像検索結果
(Daily Expressより)既に風格はあり

現所属:ウォルバーハンプトン
国籍:ポルトガル
年齢:21歳
ポジション:DMF、CMF
身長:180㎝
利き足:右
市場価値:約50億

いやまあ欲しくないチームないでしょとかいう突っ込みはなしで。ポルトガルの21歳にしてウルブズの司令塔。長短の正確なパスを中盤から操り、躍進するチームの中核として活躍中。

昔からその才覚は話題になっていたものの、ビッグクラブではなく当時2部のウルブズは良い選択だったんだろうなあ。コンスタントに試合に出続け、今ではマンチェスター勢を中心に移籍の噂は絶えず。契約は2023年夏までとのことで、すぐ取ろうとなると、最近のぶっ飛んだ市場だと100億は必須かも。

なおチェルシーでは具体的にアンカーでのお仕事を想定しています。現状ジョルジーニョの控えがいない、ターンオーバーするとIHでスタメンのコバチッチがやるしかないというブラック部署になります。だからきっとすぐ出番はやってくるはずだよ!

②アレクサンダー・ミトロビッチ

「mitrovic」の画像検索結果
(Evening Standardより)胸板の厚さには定評

現所属:フルアム
国籍:セルビア
年齢:24歳
ポジション:CF
身長:189㎝
利き足:右
市場価値:約32億

はい、完全に趣味です。フルアム昇格の立役者にしてフィジカルモンスター。収める決める殴り合うと何でもできる(意外にも)万能型CF。

まあとにかく体が強い強い。強豪クラブのCBですら押しのけるフィジカルでロングボール、クリアボールをことごとくものに。そして無茶苦茶な体勢からでもシュートをねじ込める決定力は大きな武器で、チームは下から2番目ながら、得点ランクは上から5番目。

なおチェルシーでは最前線の仕事を担当してもらおうと思っています。もちろんポストプレーにも期待ですが、なにより点が取れないのでなんとかしてください。おまけにモラタは1年半ローン、イグアインは半年ローン、ジルーが出ていきたいと来季は大変なことになりそうです。老け顔だったんですが24歳なんですね。前任者を思わせる悪人顔も加点です!

③リカルド・ペレイラ

「ricardo pereira」の画像検索結果
(Sky Sportsより)シティ戦では決勝点

現所属:レスター
国籍:ポルトガル
年齢:25歳
ポジション:RSB、LSB、RMF
身長:175㎝
利き足:右
市場価値:約26億

快足のSBにして今夏新加入。アシストが4つに得点が2と攻撃面もさることながら、意外と守備も上手い。まあ上手いと言うか足が速いから何とかなると言うか。レスターではベン・チルウェルばっか取り上げられるけど、逆サイドの彼も地味にいい選手。どこでもプレー出来る点も〇。でもチルウェルも普通に欲しいんですけどね。

まあただカンテに加えドリンクウォーターを取ってしかも飼い殺しにしているのでそろそろレスターから怒られそう。

なおチェルシーでは右SBでの起用を考えています。セサル・アスピリクエタさんの壁は分厚いですが、年齢もそろそろベテランで、守備を学びつつ攻撃面ではペレイラさんにもチャンスがありそうなのでいかがでしょう。なお控えだったザッパコスタさんは行方不明になってしまいました!

④ライアン・フレイザー

関連画像
(Goal.comより)太ももがすごい

現所属:ボーンマス
国籍:スコットランド
年齢:24歳
ポジション:LWG、RWG
身長:163㎝
利き足:右
市場価値:約19億

スコットランドのシャキリ(勝手に命名)、爆走豆タンク(同左)でお馴染みの163㎝のボーンマスの大黒柱。まあとにかくサイドをひた走りチャンスメイク。カラム・ウィルソン(元チェルシーの噂)とジョシュア・キング(元チェルシーを沈めた男)にいいボールを供給する傍らで、自身の得点もゲット。

今季とうとう覚醒したっぽく、アシスト数はあのアザールに次いで2位。9アシストの中には精度の高いプレースキックからもあり、パターンは豊富。我が軍のバレバレのセットプレーと残念なキッカーは見習ってほしいなあ。

なおチェルシーでは主にWGでの出場を視野に入れています!エースのアザールとホープのオドイが来夏に移籍しそう、おまけにペドロとウィリアンは30オーバー、あとはプレミア初挑戦のプリシッチとなかなか壊滅的です!多分すぐCKとかも担当できるはずです。

⑤マルコ・アルナウトビッチ

現所属:ウェストハム
国籍:オーストリア
年齢:29歳
ポジション:CF、OMF
身長:192㎝
利き足:右
市場価値:約45億

わかってる。趣味なの。好きなの。以上です。

そういえば今冬中国移籍確定みたいなこと言われてたけど結局残留。てことはチェルシー来たいってことだよね?

年齢とか素行とか気にしないよ!

最後に

まあ夢物語ですが。夢を見させるくらいの自由はください。

それではまた。
~おしまい~







-移籍の話, 雑談

執筆者:


  1. 時雨 より:

    もう思い切ってユニフォーム似合う点取れる選手ってことでヴァーディでいきましょうヴァーディで(思考放棄)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今冬のチェルシー移籍狂騒曲をまとめてみた

決定力不足に欠けると言われ、絶対的なCFがいないと言われ、アザールの0トップでよくねと言われながら前節レスターのジェイミー・ヴァーディ―に叩き込まれまさかの敗戦。CFにワンチャンスをものにされるというあまりにも皮肉の効いた敗戦にいよいよイグアインの噂も本格化

プレミアリーグの愉快な主審たち

彼の主審らしさを剥奪しているのはその腹回りである。審判もアスリート、と言われることが多々あるが、これで務まるアスリートなど「イングランドプレミアリーグ主審」という競技だけだろう。

さあ盛り上がろう!俺たちのW杯だ!!

加えてハリルホジッチ氏の解任を叫んでいた面々はいざ解任されると「無責任な協会」や「西野氏でも変わらない」などと連呼。本当に無責任なのは誰か、本当に変わらないのは誰かを考えることはないのである

プレミアリーグで話題沸騰のあの女性審判について調べてみた

前職は地元コヴェントリーの学校の体育の先生だったそう。審判に体力は必須ですが、おそらくそうした経験も現職の役に立っているのでしょう。なかなかだらしない体型の審判も多い中、非常にスマートで、多分ジョナサン・モスよりは足が速くスタミナもあるものと推察されます

イップス ースポーツ選手の精神を蝕む病について

もっとたくさん、弓を引く恒例のゴールパフォーマンスが見られますように。