comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

再起をかける二人のMF。開幕したマルコ・ファンヒンケルとダニー・ドリンクウォーターのシーズン

お互い紙の上でスカッドに入っただけで、はっきり言って今後使われる見込みはかなり薄いでしょう。まあしかしそれでも 試合に出る可能性は明らかに上がったのですから前進であることに間違いはないでしょう

西野朗は稀代の名将か、それとも愚かなギャンブラーか

ただし今大会のPKの多さやATの長さ及びそこで多くの得点が生まれていること、前者二つにより大会自体の得点数が多いことを考えると、この二者択一の差はわずかだったと言わざるを得ない。

ターニングポイントなんて結果論に過ぎないのだよ 〜中編〜【チェルシー観戦記】

今季のリーグ戦も終わって振り返るとやはり一番大きかったのは1月3日、第22節のビッグロンドンダービーだったと個人的に思う。

いざ”ラストマッチ”へ。EL準決勝2ndレグ フランクフルト戦感想&採点

18-19シーズンだけに留まらないあらゆるものをかけた”ラストマッチ”。運命のビッグロンドンダービーにあらゆる演出は整った

「伝説」の一夜。11-12シーズンCL決勝を振り返る 【チェルシー観戦記】

確かなシュート技術。大一番で魅せるメンタル。数多の激闘の経験。右足で放たれた丁寧なキックが、ノイアーの逆をついた。