comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウイイレ2019の数値と現実のプレーを独断と偏見で比べてみた【ダビド・ルイス編】

そしてW杯でも沈めた「無回転シュート」をはじめ、強敵マンチェスターシティを破った「ヘッダー」などシュート系スキルがここまで充実しているCBは現実でもゲームでも稀と言っていいでしょう。

今冬のチェルシー移籍狂騒曲をまとめてみた

決定力不足に欠けると言われ、絶対的なCFがいないと言われ、アザールの0トップでよくねと言われながら前節レスターのジェイミー・ヴァーディ―に叩き込まれまさかの敗戦。CFにワンチャンスをものにされるというあまりにも皮肉の効いた敗戦にいよいよイグアインの噂も本格化

サッカー中継における実況・解説はどうあるべきか

そうした場合に視聴者が興味を持つのは選手個人の来歴やエピソードではなく「この場合だとピッチ上では何が見えるのか」というものです。中村憲剛選手の解説は非常にクオリティが高く好評でしたが、それは中村選手自身の言語化能力やサッカーIQの高さはもちろん、「そこに自分がいたら」という視点で話す点が新鮮に映ります

青き点取り屋の苦悩。チェルシー”CF”の系譜。

ただしゴール数こそ多くなかったものの大一番で輝く姿はさすが「エル・ニーニョ(神の子)」。語り草となる優勝した11-12シーズンCL準決勝でのバルセロナを撃沈させる独走弾、決勝での同点に繋がる初のCK獲得、12-13シーズンではEL決勝で先制点をあげ優勝に貢献した。自身にとっては難しい時期となったチェルシー在籍期間ではあったが、チームのタイトル獲得への寄与は決して少なくない。

悪魔のごとき幻想。自分たちのサッカーは本当に通用していたのか

2010年から繰り返される日本サッカーの歴史は今回のドタバタに象徴される方針転換の歴史と言ってもいい。だがそれを極限までポジティブに捉えるならば、短期間で多くのサッカーに触れたとも解釈できる。