comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

救世主と呼ばれた男。アルバロ・モラタ、激動の1年半

モラタに足りなかったのはゴール前での落ち着きなどではなく、チーム状況を考えすぎない、ある種の「ふてぶてしさ」や「無頓着さ」だったのではないか。負傷以上に大きなものを、サポーター含めチェルシーはモラタに背負わせてしまったのかもしれない

ただ単にプレミアで好きな選手を語る会 第2弾

なんというかキャラ立ってるよなあというプレミアの各選手の印象です。一筋縄でいかないのが魅力でもあり難点でもありますね

イップス ースポーツ選手の精神を蝕む病について

もっとたくさん、弓を引く恒例のゴールパフォーマンスが見られますように。

サッカー中継における実況・解説はどうあるべきか

そうした場合に視聴者が興味を持つのは選手個人の来歴やエピソードではなく「この場合だとピッチ上では何が見えるのか」というものです。中村憲剛選手の解説は非常にクオリティが高く好評でしたが、それは中村選手自身の言語化能力やサッカーIQの高さはもちろん、「そこに自分がいたら」という視点で話す点が新鮮に映ります

ペドロ・ロドリゲス「理不尽のその先へ」

それを知る”ブルーズ”は今日も声援を送る。「今日も理不尽ミドル頼むぞ!!!」