「 投稿者アーカイブ:fantarou 」 一覧

降臨した「魔術師」。”最初のラストピース”、ハキム・ツィエク

そして「再現性」という点から圧巻だったのが77分。1年前と同じポジション。あの日ケパ・アリサバラガを強襲したのとまったく同じ軌道でゴールに向かったボールは、チェルシーが手にした新たな武器として、この日の3点目を演出した。

リース・ジェームズ、厳然への挑戦。

これまでのジェームズでは息切れしていたような時間帯。あるいはここで取れるという予測は出来なかったかもしれない。
チームの勝利に大きく貢献するプレーを見せたその背中には、単なる能力だけではない、偉大な努力家でもあるキャプテンの影が滲んでいた

プレミアリーグビッグ6、20-21夏の補強まとめ

そんな中即戦力の目玉補強となったのが昨季CL覇者から加わったチアゴ・アルカンタラだ。的確なボールタッチとパスを武器にするスペイン代表は、これまでリバプールの中盤には欠けていたものをもたらすだろう。ここ数年しのぎを削るマンチェスターシティの監督は恩師ペップ・グアルディオラ。彼との対決にも注目が集まる。

哲学を選択したランパードはケパを救うのか。第2節リバプール戦を振り返る

ランパードは現実的なサッカーを取らず、哲学を貫くことを選択した。現王者相手に数的不利という「これ以下のない」状況でさえ貫いたという事実。それは同値で「何があろうと今季はボール保持を諦めないサッカーで行く」という宣言でもある

チェルシーの現有戦力一覧だああ 20-21シーズン版

開幕の超ギリギリになってしまいましたが、なんとか完成したしました。みんなチェルシーを好きになって!

19-20シーズン、チェルシー全選手採点

今日はそんな19-20シーズンの全選手の採点にして祭典です!

クルト・ズマ、取り戻した迫力とさらなる進化

チェルシーが最後に選んだバックラインの軸。さらなる進化も遂げた25歳が、チェルシーに自身のミドルネームをもたらすラストピースになるだろう。

再開したブンデスリーガが示唆するサッカー界の未来

それはここまで歯を食いしばる世界中の娯楽産業に勇気を与えるゴールであった。そしてエンターテイメントという文明が、未知のウイルスに向けて放つ反撃の一撃目でもあるのだ。

取り戻した輝き。前を向くロス・バークリー

決してこれまでの短所が劇的に改善されたわけではないし、長所がさらに爆発的に伸びたわけではない。
短所をカバーできる仲間と、もともとの長所が特大だったという解釈でよいのではないか。

メイソン・マウント、開花から覚醒へ

序盤戦のゴールラッシュという開花に比べれば派手ではないかもしれないが、この変化は間違いなくメイソン・マウントというサッカー選手が新たな次元に突入したことを示している。