comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

チェルシーの現有戦力一覧だああ 20-21シーズン版

開幕の超ギリギリになってしまいましたが、なんとか完成したしました。みんなチェルシーを好きになって!

ゴンサロ・イグアイン―期待と不安が交差する「decente」CF

イタリア屈指のFWで「悪童」の異名を持つアントニオ・カッサーノがイグアインを評した際に使った言葉だ。「まともな」CFである。そして「王者だ」と。次いで「ゆえにミランは出すべきでない」と続けたがチェルシーサポーターは無視していいだろう。

悪魔のごとき幻想。自分たちのサッカーは本当に通用していたのか

2010年から繰り返される日本サッカーの歴史は今回のドタバタに象徴される方針転換の歴史と言ってもいい。だがそれを極限までポジティブに捉えるならば、短期間で多くのサッカーに触れたとも解釈できる。

19-20シーズン チェルシー中間報告~MF&FW編~

みなさんこんにちは。それでは待ちに待った後編です。色んな選手が登場するよ! シーズン前の紹介はこちらから。 チェルシーの現有戦力一覧だああ 19-20シーズン版 前編はこちらから 19-20シーズン …

哲学を選択したランパードはケパを救うのか。第2節リバプール戦を振り返る

ランパードは現実的なサッカーを取らず、哲学を貫くことを選択した。現王者相手に数的不利という「これ以下のない」状況でさえ貫いたという事実。それは同値で「何があろうと今季はボール保持を諦めないサッカーで行く」という宣言でもある