チェルシー

チェルシーの現有戦力一覧だあああ 21-22シーズン版

ドログバ二世と言われ、チェルシー次期エースと称された男 一度は降りた道に再び帰ってきたベルギーの怪物が、リーグタイトル奪還に向けてのラストピースだ。
チェルシー

最高峰ではない。チアゴ・シウバはまだ世界最高にいる

DFとして、サッカー選手として、チームの一員として 健在どころではない。 今なお過去最高を更新し続けている
チェルシー

レンタル移籍は過去のもの。「買戻し」は三方よし

「売却」を始めたチェルシー レンタル移籍は過去のものとなりつつある。 これまでプレミアリーグ随一のレンタル選手を抱えていたチェルシーが、続々と若手を「売却」しているのだ。 既にクリスタルパレスにDFマーク・グエヒが、サウ...
スポンサーリンク
チェルシー

本当に闇だけなのか。レンタル移籍の功罪を問う

チェルシーのレンタル移籍はたびたび批判を浴びる。しかし一方で、選手たちにはこの厳しいプロの世界で「保証がある」ことでもある。
チェルシー

20-21シーズン チェルシー全選手採点

さて、毎年恒例の採点会です。色々ありましたね。それでも最後は最高の形で終われたことに間違いはないですね。今季の全選手評価をして、締めくくりです!
個人フォーカス

ティモ・ヴェルナー、進化の兆候と復活の狼煙

ティモ・ヴェルナーが復調の気配を見せている。RBライプツィヒで得点を量産、新たなエース候補としてブルーズに迎えられた背番号11だが、開幕当初に比べてゴールが激減。一時は放出の噂さえ伝えられたドイツ代表だが、ここに来て新境地を開拓しつつある。
個人フォーカス

ついに「本領」発揮。カイ・ハヴァーツの100%

キリアン・ムバッペ(PSG)やエーリング・ホーランド(ドルトムント)ら、既に今季CLでは怪物級の若手がチームをベスト8に導いている。そこにカイ・ハヴァーツの名が加わるか。遂に本領を発揮し出した「ドイツの新皇帝」。カイ・ハヴァーツの名を轟かせる全ての準備は整った。
チェルシー

20-21シーズン チェルシー中間報告

大型補強に沸いた移籍市場、快進撃を見せた序盤戦、一気に暗転した中盤戦、そして別れと、色々あった前半戦。各選手を振り返っていきます。
チェルシー

フランク・ランパードが残したもの、チェルシーが得たもの

躍動した、ランパードが育てた若手たち。不可解なタイミングでの解任、その唯一の救いはランパードが紡いだ1年半が表れた試合の指揮をとれて終わったことだろうか。 自慢の息子たちが独り立ちするのを見送るかのように、フランク・ランパードの監督としての日々は終わったのだった。

個人フォーカス

降臨した「魔術師」。”最初のラストピース”、ハキム・ツィエク

そして「再現性」という点から圧巻だったのが77分。1年前と同じポジション。あの日ケパ・アリサバラガを強襲したのとまったく同じ軌道でゴールに向かったボールは、チェルシーが手にした新たな武器として、この日の3点目を演出した。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました