個人フォーカス

スポンサーリンク
個人フォーカス

ついに「本領」発揮。カイ・ハヴァーツの100%

キリアン・ムバッペ(PSG)やエーリング・ホーランド(ドルトムント)ら、既に今季CLでは怪物級の若手がチームをベスト8に導いている。そこにカイ・ハヴァーツの名が加わるか。遂に本領を発揮し出した「ドイツの新皇帝」。カイ・ハヴァーツの名を轟かせる全ての準備は整った。
個人フォーカス

ティモ・ヴェルナー、進化の兆候と復活の狼煙

ティモ・ヴェルナーが復調の気配を見せている。RBライプツィヒで得点を量産、新たなエース候補としてブルーズに迎えられた背番号11だが、開幕当初に比べてゴールが激減。一時は放出の噂さえ伝えられたドイツ代表だが、ここに来て新境地を開拓しつつある。
個人フォーカス

降臨した「魔術師」。”最初のラストピース”、ハキム・ツィエク

そして「再現性」という点から圧巻だったのが77分。1年前と同じポジション。あの日ケパ・アリサバラガを強襲したのとまったく同じ軌道でゴールに向かったボールは、チェルシーが手にした新たな武器として、この日の3点目を演出した。
個人フォーカス

リース・ジェームズ、厳然への挑戦。

これまでのジェームズでは息切れしていたような時間帯。あるいはここで取れるという予測は出来なかったかもしれない。 チームの勝利に大きく貢献するプレーを見せたその背中には、単なる能力だけではない、偉大な努力家でもあるキャプテンの影が滲んでいた
チェルシー

クルト・ズマ、取り戻した迫力とさらなる進化

チェルシーが最後に選んだバックラインの軸。さらなる進化も遂げた25歳が、チェルシーに自身のミドルネームをもたらすラストピースになるだろう。
チェルシー

取り戻した輝き。前を向くロス・バークリー

決してこれまでの短所が劇的に改善されたわけではないし、長所がさらに爆発的に伸びたわけではない。 短所をカバーできる仲間と、もともとの長所が特大だったという解釈でよいのではないか。
チェルシー

メイソン・マウント、開花から覚醒へ

序盤戦のゴールラッシュという開花に比べれば派手ではないかもしれないが、この変化は間違いなくメイソン・マウントというサッカー選手が新たな次元に突入したことを示している。
チェルシー

重なるアンタッチャブル。岐路に立つマルコス・アロンソ

決して足元が大きく向上したわけでもない。足が速くなったわけでもない。活躍した試合でも弱点は目立った。 それでも、そんな時こそ彼は点を取る。敵陣エリア内に侵入するDF。アンタッチャブルこそ彼の特徴の一つだ。
チェルシー

カラム・ハドソン・オドイ―逸材の現在地

他を圧倒するセンスに加え、この世代特有の成長の速さが加わり、いよいよ「若手」から「主力」へのランクアップが近づいている。
個人フォーカス

マテオ・コバチッチ –鍵を握る「1年限りの天才」

しかしこと足元の技術に関してはこの回答が加わるはずだ。「いや、マテオ・コバチッチだろう」。サポーターの中でこのクロアチア代表の名が出ないことは考えられない
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました